« HOSHIZORA | トップページ | Security Solution 2007 と秋の夕暮れ »

2007/10/23

晴海って陸の孤島かも・・

今朝の通勤、浜松町手前で同僚から携帯にメール。大江戸線が停電事故で止まっているとのこと。そこで、とりあえず大江戸線はあきらめ、そのまま有楽町まで行ってバスにでも・・・・と思ったら、やっぱりみんな考えることは同じで、マリオン前のバス停は、近所の宝くじ売り場のジャンボくじ売り出し時並みの長蛇の列・・・。しょうがないので、晴海通りを歩くことに・・・・。銀座四丁目、築地・・・と各停留所は軒並み長蛇の列に。バスも積みのこしが出るほどぎゅうぎゅう詰め。通り沿いはタクシーを拾おうとする人でいっぱい。私のようにあきらめて歩いている人も多数で、歩道も混雑。晴海通りは流入するタクシーで混雑・・・・と悲惨な状態になってしまっていた。

004005006

まったく、こうなるとトリトンスクエアは一種の陸の孤島。そりゃ、主な交通機関が大江戸線しかないのだからしょうがない。今日は各社とも遅刻者続出。被害総額はどれくらいだろうか・・・。不思議なのは、こうした鉄道事故などの報道が影響人数には触れても、その経済損失には一切触れないこと。なにか報道機関の不文律でもあるんだろうか・・・と勘ぐりたくもなる。まぁ、だからどうだ、といえば鉄道会社にも負担のしようがない損害だから言ってもしょうがないということなのかもしれないが。しかし、最近近くに大きな高層マンションが建って、そろそろ完成というところなのだが、ここに入居する人にはご愁傷様としか言いようがない交通事情である。毎朝の駅や歩道の混雑もマンションの下見の時にはわからないだろうし、住んでみてびっくり・・・にならなければいいのだけど。

さて、話はかわって今日のお昼はいつもの散歩。トリトンスクエアの花畑は秋の花で飾られている。運河沿いの並木も少し色づき始めた。

009010011

さて、いつもの散歩コースで豊洲方面へ。こちらも高層マンション新築中。豊洲もずいぶんと拓けてきたけど、このあたりも、そういう意味では有楽町線が生命線・・・。どうも東京の湾岸地域の開発は交通網がネックになっているような気がしてならないのだが・・・・。などと思いながら、ぐるっと歩いてららぽーとを抜け、いつもの船着き場から海(運河)沿いへ。今日は、空にも飛行船。この飛行船は、世界最大級の遊覧飛行船らしい。船体には Fly with meの文字。周囲をヘリが飛び回っていたのだが、どうやらこのリンク先の記事のような写真を撮っていたらしい。

012016021

運河沿いの歩道からガス科学館の横を抜けて、ゆりかもめ沿いの道へ。お台場方面はこいつと「りんかい線」で、いくぶん交通事情はマシかもしれない。ゆりかもめの高架ごしに見えるのは東雲方面のマンション群。ここも交通事情はちょっと不便かも。晴海大橋沿いの草っぱら、吹く風がなんとなく秋模様。そういえばこの一帯、土壌汚染が問題になっているとか・・・。こりゃしばらくは草っぱらのままかもね。

027029031

結構、疲れた・・・。体重オーバーのせいで膝痛が再発。帰りはおとなしく大江戸線に乗って帰った。このところ秋らしくなってきて歩きやすい気候なので、いまのうちにしっかり運動しておきたいのだけどね。

|

« HOSHIZORA | トップページ | Security Solution 2007 と秋の夕暮れ »

コメント

大江戸線の停電は人災だった模様。複数ある変電所の一部でスイッチの入れ忘れがあり、送電がされなかったため、動いている変電所に過負荷がかかったとのこと。日常、慣れているルーティンワークにこうしたミスは起こりがち。以て他山の石とすべし・・・。

投稿: 風見鶏 | 2007/10/24 10:00

そんな騒ぎになっていたとは、、

ところで、膝の痛みは骨格の歪みをチックした方が良いかも。首の痛みの件もあるしね。

当方ジムが良いで体のバランスが変わったのか、普段使っているインソールが合わなくなって痛みがでます。 この次期予約が取れない某ショップ、

歳のせいにはしたくないが、下記のみのこの部分が気になるのはやっぱり歳のせい。

投稿: G | 2007/10/24 12:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56531/16852691

この記事へのトラックバック一覧です: 晴海って陸の孤島かも・・:

« HOSHIZORA | トップページ | Security Solution 2007 と秋の夕暮れ »