« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008/02/28

北風の中の春

久々に、昼休みに外へ出てみた。天気はいいものの、ビル風もあって、冷たい強風が吹き荒れて、かなり寒かった。トリトンスクエアの運河沿いの歩道、放置自転車が軒並み吹き倒されている中、カンヒザクラの花がそろそろ咲き始めている。

001002003

もうすぐ3月、あと一月あまりで春本番がやってくるのだなぁ・・・と。最近、昼の散歩をしていないので、季節感がいまいち。そろそろ暖かくなる日も増えてきそうだから、健康のためにも、精神衛生上も、昼の散歩は復活させなくてはね。もちろん、マスクは必需品だが・・・・。そろそろコンタクトレンズもやばくなりはじめてるし。まぁ、強風でゴミが飛ぶ時は、そ以前にコンタクトでは出られないのだけど。

さて、今週ももう後半に突入・・・。仕事はなかなか減らない。gawk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/23

砂嵐だ・・・・・

2時過ぎくらいから、なんだか外の様子がおかしい。砂塵が舞って空が茶色くなっている。最初は薄くかすんだくらいで、黄砂?・・・と思っていたのだけれど、だんだん本当の砂嵐に。この砂って、いったいどこから飛んできたんだろう。中国だったらすわない方が健康のためだな・・・。とりあえず外出は避けた方がよさそうだ。そもそもコンタクトでこんな日に出かけたら、3分たたないうちに目が開かなくなってしまう。しかし、なんなんだ、この異常な雰囲気は・・・

005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/20

春遠からじ

今日のお昼は暖かかった。アリコレに昼飯を食いに行ったのだけど席がなかったので、外に出てみた。日が当たる場所だと、そんなに寒くもなく、久々に外で昼食して、そのあと運河沿いを歩いた。気がついたら、カンヒザクラ(ヒカンザクラともいう)のつぼみがふくらみ始めている。梅だと思っていたのだけど、これはカンヒ(ヒカン)ザクラなんだそうだ。

008011013

これから、少しずつ春に向かっていくんだなぁ・・・と、ちょっとほっとするひととき・・・・。

しかしっ!!

これから、しばらく辛い季節が・・・despair そう、このさわやかな風に見えない敵が潜んでいる。今年はかなりの大軍で攻めてくるようなので、抗アレルギー剤とマスクで防衛体制をかためなくては・・・・。はぁ、憂鬱だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

傷だらけの勝利

いやぁ、よく我慢して戦ったよ、日本代表は。後を引くような怪我がないことを祈ろう。

しかし、ある意味、中国のプレーは、逆にホームのプレッシャーと未熟さ故のものなのかもしれないが、一番頭にくるのは、ジャッジの不公平さだ。多少のホームよりジャッジはどこでもあるけど、今日のはひどすぎる。日本の協会は審判の不公平さに関して厳重抗議すべきだな。ファールを取る取らない・・だけならまだしも、逆のジャッジはないだろう、をい!!!・・・・とちょっと頭に血が上る瞬間もあったし。

とりあえず、代表の敢闘をたたえて乾杯だ。

#いやぁ、会社帰りに電車の中でワンセグが大活躍だった今日でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/17

HD-DVD撤退(か)

東芝がHD-DVD撤退の検討に入ったという報道が一部のメディアでされている。まぁ、このところの風向きから考えれば、BDの優位は揺るがないから、土壇場まで引っ張ってユーザに迷惑をかけることも考えれば傷が浅いうちに決断するのも勇気だろうと思う。ビデオ戦争、次世代DVD戦争で両方に唯一勝ち残ったのが「明るいナショナル」だった松下だというのも皮肉な話のように思うが、かつて20年ほど前にこの会社の研究所に開発の外注として首をつっこんでいた経験から言えば、彼らの技術力は当時からかなりのものだ。ただ、当時は「明るいナショナル」社風全盛の時代。なかなか「あか抜けた」イメージのソニーとの対比ではマーケティング面で遅れをとっていたものの、家電の販売網を駆使した営業戦略がVHSの勝利に貢献したことは間違いない。その松下が社名を「パナソニック」に変える。故幸之助翁はあの世でどのようにこれを見ているのだろうか。若い世代の活躍に拍手を送っていることを望みたいものだ。

個人的に話を戻せば、これでBDの量産体制が強化され、今年の夏モデルあたりでBDレコーダーの値段がぐっと下がってくれれば・・・・と期待するのだが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/08

伝播異常

いつも、通勤時にはFMラジオを聞いている。昔は、J-WAVEを聞いていたのだけど、ジョン・カビラがJGMTのナビゲーターを降りてから、おもしろくなくてFM横浜に切り替えた。こっちは「べたべた」のラジオ番組風で、ちょっと雰囲気が違うのだけど、同じ内容を似て非なるナビゲータがしゃべっている違和感を感じるよりも、番組自体がぜんぜん雰囲気がかわったほうがまだ私には耐えられる。

で、本題なのだけど、今朝、電車に乗って聞いていたら、大井町から品川あたりでほかの局と混信を起こした。もともとFM横浜はこのあたりまでくると電波状態はあまりよくないので、いつも音楽プレイヤーに切り替えてしまうのだが、少なくとも混信を起こしたことはない。女性アナの声が結構はっきり聞こえたので、少なくとも関東圏の局だろうと思って、周波数を調べてみた。

http://radio-k.bird.to/hz/fm-ta2.html#84

実際、84.7MHzぴったりの局は、関東圏では山梨くらいで、ほかは遠い局ばかり。±100KHzの局も栃木あたりが最も近く、直接波がまともに聞こえる距離ではなさそうだ。(そもそも直接波が聞こえる位置に同じ周波数の局は配置しないはず)ということは電離層(Es層)あたりの反射波とか、気温の逆転層などでの反射とか、あとは・・・・・地殻破壊の電磁波による大気の電離現象による・・・・・なんて妄想を始めると、こりゃもしかして大地震の予兆じゃん?なんて考えてしまった。まぁ、おそらくはEs層のような、電離層がらみの異常伝播なんだろうとは思うけど、朝方のことでもあり、東側が海の東京で・・・と考えるとまたあれこれ妄想が広がる・・・。

最近、BCPがらみで災害対策のシナリオなんかを考えさせられてるのがいかんんだろうか・・・・ (^^;)
しかし、今地震がきたら・・・・・。  やめておこう・・・。

#とりあえず、今週末は、今夜から関東圏脱出・・・・・。3週連続の雪遊びであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/03

「大雪」の尺度

秋田に遊びに来て、東京の雪にひやひやさせられている。東京の混乱ぶりは容易に想像がつくのだけれど、たった3cmの積雪でここまで混乱するのが東京である。

今日も、帰りがけに秋田の友人と笑い話のネタになってしまっていたのだが、秋田あたりで「大雪」といえば、そりゃ一晩で最低でも数十センチ、へたすりゃ1メータだろう・・・という話で、たった3cmで「大雪」扱いになってしまう東京の脆弱さがなんとなく滑稽にみえる。(自分がそこにいないから言えるのだろうけれど・・・)

さて、JALの秋田便は全便欠航。私の乗るANA便は20分遅れのアナウンスだが、本当に大丈夫なんだろうか・・・。ちょっとひやひや・・。でもまぁ、ここだけの話、欠航だったらそれはそれであきらめも・・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪あそび

Tazawako20081_013Tazawako20081_014Tazawako20081_040


雪とたわむれに、秋田は田沢湖まで遊びにきてます。もう15年ほどの間、毎年この時期にやってきて、仲間たちと滑って飲んで・・・、最近は飲んでのほうが多いかも。でも、だんだんみんな宴会は電池が切れるのが早くなってきたなぁ・・・と。

今年は、どちらかというとスキーよりもボードに乗っている時間の方が長かった。ある程度スピードも乗せられるようになってきたので、そこそこ斜度があるところでも滑れるようになってきたのが嬉しい。

Tazawako20083_005Tazawako20083_009Tazawako20083_010

東京大雪・・のニュースとはうらはらに、今年の田沢湖はちょっと雪不足。今回も新雪はお預け。朝方は圧雪でがりがりのバーン、昼を過ぎると一気に重くなる・・・という春先みたいなコンディションはちょっと残念。東京の雪がうらめしい。

さて、楽しい週末もあとは帰るのみ・・・。ま、いい思い出ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »